結婚相談所の比較データを公開する 結婚相談所比較情報提供サイト

結婚相談所を利用している人はどんな人

一般的に結婚相談所から連想するイメージとして、モテない男性や女性といった方達が『登録している所!』という風に思われがちですが、一概にそうでもありません。

もちろん中には恋愛が苦手で、恋愛結婚をすることが難しいため、結婚相談所へ入会する方もいるのですが、実際にはその逆のパターンが多いのが実情です。

現に、ある相談所の会員専用のWEBサイトにログインし、登録されている会員さん達を閲覧してみると、男性も女性もプロフィールを見る限り、容姿は普通より上で特に男性は
お仕事もちゃんとされている方が多く、ハッキリ言って、彼氏や彼女がいないのが『不思議だ!』という印象を受ける方が多いのです。

結婚相談所に入会されている方の年齢層は、男性の場合一番多いのが30代後半。
次いで40代前半、20代後半という傾向です。

また、女性の場合に多いのが30代前半、次いで20代後半、40代前半の順となっています。

そして気になる、結婚相談所に登録している会員の職業や平均的な年収についてですが、まず職業から見ていきますと、男性女性共に一番多いのは、やはり民間の企業に務める会社員、次いで男性の場合、公務員、専門職(医師や弁護士等)の方が多く、自営業社、会社経営者といった順番となっています。

女性の場合は、民間企業に務める会社員に次いで公務員の方が多く、あとは花嫁修行中(家事手伝い)といった方々も登録されています。

続いて年収ですが、まず男性で一番多いのは年収300万代~500万円迄で、次いで年収500万代~700万迄の方の割合が多い様です。そう考えると国税庁が示す、サラリーマンの平均年収、約400万円前後というデータがある中、結婚相談所を利用する男性は比較的平均年収を上回る方が多い傾向にあるといえます。

女性はと言いますと、一番多いのは男性と同じで年収300万代~500万迄で、次いで300万以下の方々という結果になっています。

男性の場合、多くの結婚相談所の入会資格・条件として『安定した一定の収入のある方』というものが求められることから、当然ですが収入を証明する書類(源泉徴収票・確定申告書の写し)の提出が義務付けられます。

そのため、相談所に入会している男性は、経済的には安定している方が多い様に思えます。

それに比べ、女性の場合は男性と比べて年齢的に若い方が多いため、入会資格に収入の有無が求められないケースが多く、年収については『一般的なレベル』であるといえるでしょう。

それでは、相談所のカウンセラーやアドバイザーといった方に、『なぜ、このような方々が結婚相談所で結婚相手を探しているのか?』といった素朴な疑問をぶつけてみると、その答えは・・

男性の場合に多いのが、仕事に一生懸命打ち込まれて、キャリアを積んである程度の収入や社会的地位を得たが、気づいたら将来を一緒に過ごしたいと思える恋愛をしていなかったり、そんな相手とはまだ巡り会えていないため、入会したというケースが多い様です。

また、女性の場合は、人並みに恋愛をする中で、ある年齢までに結婚をしたいけれども、相手が結婚に前向きではなかったため別れる事になり、結婚相談所へ入会するケースや、不倫のお付き合いをして数年たったが、男性が奥さんと別れる気がないため、スッパリあきらめ、結婚相談所へ入会し、早期に結婚をされるケースなど・・

そういう事から考えると、結婚というのはやはり、縁なのでは・・と思ってしまいますが、極論を言うと、結婚相談所へ入会される方の共通点・目標は、『ズバリ、結婚する事!』であるため、シンプルで非常にわかりやすく、結婚相談所を活用する事が、結婚をするための一番の近道といっても過言ではありません。

ぜひ、優良な結婚相談所を活用頂き、成婚という『ゴール!』に向かって頑張って頂きたいと思います。

口コミ・評価の高い結婚相談所

(2017年3月1日更新)

成婚率 No,1 パートナーエージェント
各種比較ランキング